試聴

ボーカル曲 かもめりぃ

 


ピアノ曲   愛のアドリブ・ワルツ Ⅰ ②パッションワルツより

 

アルバム 曲目

1. 愛のグランルー
2. 愛のアドリブ・ワルツⅠ
  ①サンタルチアにキスをして
  ②パッション・ワルツ
3. う・ふ・ふ みんなで
4. 愛のアドリブ・ワルツ Ⅱ
  ①そらいろワルツ〜ながさき慕情〜
  ②ショパン・パリ
  ③カフェ トリトーニ
5. 人生ななつ星
6. ANNEソロジー
7. かもめりぃ
  ¥2500(税込み) MASA-2015


1・2・3と、サードアルバム
   ~気が付けばワルツな人生を生きているかも・・・~


 CDは買われなくなった、ネットで好きな曲だけを買う時代になったと言われますが、私の大好きなブエノスアイレスの街中には、アルゼンチンタンゴの専門店があり今もCDを求めて来店するファンも多いのを見ながらうれしく思い、つい自分のCDも置かせてもらった・・・そんなことも懐かしいのですが、情報が拡散していく世の中ではあるけれど自分の作品として手にとれるカタチで「遺したい」という思いは高まる一方です。
1作目の「人生は観覧車のように」、2作目の「ノスタルジック・ルージュ」ともにおかげさまで多くの方にお聴きいただきましたが、その後も、思いが湧きあがるたびに新曲が生まれ、気が付けば「そろそろ、3枚目ですね」というお声もいただき・・。
せっかく思いを込めて作った曲たちをきちんとカタチにしておきたい。そんな思いから、このアルバムが生まれました。ふりかえれば、私が創ってきた作品は全て「愛」がテーマです。恋愛・自然への愛・人生への愛・友愛・別れた方への永遠の愛・・・。個人的な愛から、不変の愛にいたるまで・・・気が付けば、音楽を通じ、「愛」を伝えようとしていたようです。 正面切って「愛のうただよ」と言われると照れてしまいますが「1・2・3」と始まれば、なんとも自然に受けとめられる感じがし、悲しさや寂しさも乗り越えられるように思います。
どんな世の中になっても、生きている限り、「愛」こそが人を生かしてくれる最高のエネルギーだと思います。アドリブ的にワルツのピアノ曲もはさんでみました。ひとりお酒を飲みながら、またはカフェにいる気分で、それぞれの愛に耽ってみていただければ、そしてまた元気に心新たに、「1・2・3」と明日に向かって、歩きはじめていただければ幸です。

 

ハッピーコミュニケーションクリエイター 今尾 昌子

 

ご予約はこちらへ

作品解説

 

1.愛のグラン・ルー
ファーストアルバムの「『グラン・ルー』のテーマ~人生は観覧車のように」と、セカンドアルバムの「夜のグラン・ルー」をバラード&ワルツのボーカル曲にリメイクしてみました。 前作とはまったく違った大人の雰囲気で、同じ曲なのに「こんなに違う?」と驚かれるかも? ちょっと悲しく甘酸っぱい大人の恋愛をイメージしています。

 

2.愛のアドリブ・ワルツ I
実は2015年は。「V100」というプロジェクトに取り組みました。 「V」とはスペイン語のワルツ「VALSAS」の頭文字で、ワルツを100曲創るという無謀な挑戦です。
その中から生まれたものを織り交ぜ、このアルバムに即興的に入れてみました。 ワルツといってもいろいろある! その多様性を楽しみいただければ幸いです。
 ①サンタルチアにキスをして
1曲目のグラン・ルーの名残を受けてはじまる、ナポリをいとおしむワルツです。ヴェスヴィオ火山を 臨むサンタルチア湾のやさしさが今も目に焼き付いています。
 ②パッション・ワルツ
アルゼンチンタンゴで踊れそうなワルツを描いてみました。 バンドネオンで弾いてもいい感じかなと思います。

 

3.う・ふ・ふ みんなで
サブタイトルは「人もみどりも豊かに育て」です。 新潟の福祉園芸家の方のアニバーサリーイ ベントをきっかけに生まれました。 自然の恵みに対する感謝と愛。人は自然なし には生きられません。 ちょっとおちゃめでかわいらしい、自然と人の の「共生」を楽しく歌った作品です。

 

4.愛のアドリブ・ワルツII
 ①そらいろワルツ~ながさき慕情~
天を仰ぎ、耳を澄ませて、心静かに・・。はるかなる青い空が心に広がるようなイメージから生ま れました。映画のワンシーンが浮かんでくるかも。大好きな長崎への思いを込めて・・。
 ②ショパン・パリ
高校時代、ワルツといえばショパンでした。ショパンが亡くなったパリのバンドーム広場あたりにいる 気持ちで、タイムトリップした曲です。
 ③カフェ・トリトーニ
世界で一番好きなブエノスアイレスにある老舗のカフェの名です。そこで珈琲を飲みながら、店内の 様子を見つつ書き留めたメモから生まれたワルツです。初老の給仕人の接客姿が浮かんできます。

 

5.人生ななつ星
会社員時代から、独立してからも長らくお世話になった作家の野村正樹さんへの感謝の歌です。「生きることは 営業だ!」と相互マネージャーとして交流いただきました。サラリーマンから作家への転身を遂げ、大活躍の野 村さんは、生涯マーケッターでした。電車が大好きだったので、「ななつ星」と名付けました。

 

6.ANNEソロジー
ANNEとは台湾の親友の英語名。そしてアンソロジーは花句集の意味。深く私を理解し、応援して くれた彼女は、同世代のアーチスト。台北・上海・香港・東京での再会は今も忘れられません。病 に倒れても、自分らしく生き、家族の愛に抱かれて旅立ちました。私の心に永遠に咲く一輪の花に感
謝を込めて・・・。

 

7.かもめりぃ
ファーストアルバムのレコーディングの翌日、あの東日本大震災が起き、日本は大きく変わりました。あ れから約4年半、多くの悲しみやご苦労を乗り越え、がんばっておられる東北の皆様に自分ができる こと・。大したことは何もできませんが、この1曲を捧げたいと思います。これは、大船渡へチャリティ コンサートへ伺ったときに見た空と海と・を思い浮かべ、描いたものです。空をとぶ「かもめ」と「メリー
(MERRY)」の造語です。年月が経っても忘れず、全ての人の幸せを願い、寄り沿う気持ちだけは 大切にしたいと思います。本曲をもって、あなたに捧げる「1・2・3で愛のうた」を結びます。

 

 

価格 :1枚 2500円(消費税別)

2015年9月17日発売

くつろぎのひとときのお供に、心通う大切な方への贈り物としても、おすすめいたします。

 

ご予約はこちらへ

おかげさまで18周年 グランルー公式サイト
おかげさまで18周年 グランルー公式サイト www.mahsa.jp


お問い合わせ 
info@mahsa.jp
ファックス 03-3235-0854 
電話 090-9105-0764

 

↑Top

×Close