自分がひとりの女性生活者であるという事実にもとづき、
生活者視点を大切に、人々がより HAPPYになるための
楽しいコミュニケーションを創造したいと考え、
小さな「感動仕掛人」を目指しています。
また、私はマーケティングコミュニケーションとは、
商品、売り場、サービス、コミュニケーションすべての企業活動を通じて、
お客様にご満足いただくこと、
そしてそれによって関与者のすべてがHAPPYになる活動であると考えています。

 
 
 

[職 業]

ハッピーコミュニケーションクリエイター
 考える、作る、書く、話す、歌う、演じる・・などあらゆるコミュニケーション活動を通じ、 社会の幸せに貢献できるよう生きる仕事です。 マーケティング、広報、教育、文化など、コミュニケーションに関わる全てのジャンルで 企画から実践までトータルにプロデュースいたします。
別名「心の観覧車を創る」幸せづくりの仕掛け人です。

[これまでのプロフィール]
1963年12月3日 岐阜市生まれ
3才から19才まで、ピアノ、合唱、電子オルガン、作曲・編曲など音楽の世界で育つ。(岐阜県立加納高等学校 音楽科卒)この頃から、閉鎖的な音楽の世界ではなく、人々を感動させることまたコミュニケーションの重要性などに関心をもちはじめる。

1982年 4月 立命館大学文学部 入学
1987年 3月 卒業(教員免許社会科取得)
1987年 4月 大平印刷株式会社にマーケティングプランナーとして入社
1992年 4月 東京へ転勤、東京と京都を拠点にした活動をはじめる
1997年 12月 MCEI東京 MARKETER OF THE YEAR 1997に選出される
1998年 9月 大平印刷株式会社を退職、独立
1999年 より 企業のマーケティングコミュニケーションのサポーターとして、プランニング、コンサルティング、プロデュースを手がける一方、演奏活動も再開。
2000年 より 企業の幹部、営業教育の一環として講演活動・研修を実施。
2000年 12月~ 世界で映した写真と世界で集めたフレーム個展~21世紀へのSouvenir
2001年 5月 上海在住 台湾人作家の個展を銀座にてプロデュース
2002年   「上海の『食』の実態」体験セミナーおよび出版の企画・コーディネイト
日本企業の上海進出マーケティングサポート
2002年 より

サービス力・コミュニケーション力アップのための講演活動や社員研修を 本格開始
--<これまでの主な講演テーマ

2003年 より メーカーの新規事業立ち上げのプロデュース
フードサービス企業の海外市場開発サポート
各企業の海外市場視察企画・コーディネイト
2004年 より 教育業界のマーケティングサポート開始
 子育てをし、仕事をする母親コミュニティの活性化サポート・しくみづくりのお手伝い
文具業界の業態転換プロデュース
 「銀座書斎倶楽部」企画・プロデュース
ラーメンの新業態開発企画・コミュニケーションプロデュース
新潟県中小企業の再生・創造のマーケティングサポートを行う
         ほか
2005年 より 財団法人 にいがた産業創造機構 広報アドバイザー就任 新潟の中小企業のコミュニケーション強化のサポート、新潟市シティプロモーションアドバイザー就任、雑誌への執筆活動開始。
2006年 より ・マジックとのコラボレーションにより、新たなコミュニケーション開発に挑戦。
・企業の女性の活性化をテーマとした講演や支援を開始
2007年 より 「マイスタイル」をテーマに新しい生き方を提案する講演や、「コミュニケーション力向上」のための自治体職員・学生向け研修や講演も実施。
台湾をはじめアジアのマーケティングネットワークづくりも強化。           
女性誌などへの執筆も開始。           
新潟市内での単独チャリティライブ活動、老人ホームでの演奏ボランティアなども開始。
2008年 より 作詞・作曲活動も開始、各ライブや講演会など でも演奏開始。                
独立10周年を迎え、さらに 独自視点での「社会のお役に立てるコミュニ ケーション創造」を 目指して、記念ライブも実施。
2009年 より 全国の農業青年や就農者向けコミュニケーション力強化支援・ 応援活動を開始。
2010年 より 新たな社会活動・コミュニケーションコラボへの挑戦開始
コミュニティFM局(新潟市 けんと放送)にて、ナビゲーター (パーソナリティ)として「愛の元気人」担当。
認知症患者のためのライブ活動実施 など
2011年 初のオリジナルCD「人生は観覧車のように」完成、発売。
同じく初の出版(夏予定)
2012年 より

JAぎふからの依頼で、合併5周年の女性部イメージソング「みのり愛」を作詞・作曲・演奏・指導を行い、地域での活動に歌い継がれる基礎作りを行う。

東北支援活動の一環として、まごころライブを大船渡市の蔵ハウスにて開催。
これを皮切りに「愛の元気人ライブツアー」を、岐阜・新潟・東京で開催。各会場でオリジナル新曲の発表を行う。

高齢施設でのコンサート演奏活動を継続。

2013年 より グラン・ルー開設15周年、生誕50周年を記念してのオリジナルセカンドアルバム「ノスタルジック・ルージュ」のリリース。
秋より、恒例のふるさとライブを皮切りに、「愛の元気人スペシャルライブツアー」を企画、実施。(2013年秋より2014年春にかけて 岐阜・東京・新潟・赤穂で開催)
2014年 より

愛の元気人ライブツアー 岐阜・東京・新潟開催。今回のテーマは「Romantic P 」。
大船渡市 蔵ハウスでの2回目チャリティコンサート開催。東北応援歌「かもめりぃ」発表へ。
フランシスコ・ザビエルを称えるオリジナル曲「フランチェスカの夢」をバチカンへ。
PTA大会での講演会で、講演+公演(話して演奏する)という新たなスタイルを実現。

2015年 より 「あなたに捧げる1,2,3で愛のうた」をテーマにした、サードアルバムのリリースおよび同タイトルでライブツアーの開催。岐阜、東京、新潟に加え、上越、長崎で初開催。
フランシスコ・ザビエルゆかりの地、長崎県平戸市にて、世界遺産認定に向けての啓発事業、生月「島の館」20周年記念事業のオープニングコンサートとして、ザビエルに捧げる曲を演奏。
高齢化社会に向けた新たな出版事業に対し、音楽面から参加開始。
2016年 より 産学連携事業および教育機関での支援活動 (新潟県立海洋高校での授業・支援など)
ふるさと岐阜およびフランシスコ・ザビエルを結ぶ新たなオリジナルプロジェクト開始
脚本作家との出会いによる、生演奏付き演劇公演への着手(本番は2017年2月より
IT企業向けおよび製造業向け発信力強化講座の実施
   

ほか多数

   
  Mahsa流年間テーマと主な作品  ~毎年のNew Year Cardsより〜
 
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年
2017 2012
           
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年
2011 あびりてぃの唄 想人(おもいびと) ベートーベンへの手紙 心の「駅」をもって…。 色なし世界「ノスタルジー」の時代へ。
           
2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年
心のベンチを... マンマのおくりもの あなたの背中 「いのち」を感じながら、   「この瞬間」を大切に。 21世紀へのSouvenir ~あなたに出逢えて本当に良かった Performing small objectives results valuable fruit. ~素敵な1日を積み重ねたい。豊かな「自分づくり」を目指して
   
 
top
 
Copyright © 2015 La Grande Roue, All Rights Reserved.